板バネの設計

板バネの設計とは

板バネを設計・製作しようとしていますが…
1)材質は○○を想定しているのですが、ヤング率等の計算がしたいので、教えて欲しい。
2)板バネの耐久性はどの程度か?
3)板バネの形状についてアドバイスが欲しです。
4)室温100度の環境で、板バネを使用したいのですが、材質は耐熱性の高いバネ材ってあるの?
5)海水が板バネに触れる環境ですが、耐塩性の高いバネ材ってあるの?
6)板バネそのモノに通電を行いたいのですが、適切な材料ってありますか?

開発・設計者の方々から、よくこのようなお悩みをお聞きします。

計算による板バネの設計は大変困難

まず、板バネの計算式はありますが、さっぱり分からない用語がならんで、なかなか計算までたどり着かないケースが多いです。

というのも、板バネはコイルばねと違って、材質、板厚、サイズ、形状など、さまざまなケースがあるのと、固定の方法も様々ですので、基準となる値を出すのが、非常に困難です。また、計算式までたどり着いても、部分的な数値誤差が生じれば、最終的に実際とは大きく離れた数値となってしまい、その数値を基に製作を行うことは、非常にリスクを伴います。

開発・設計者の方を限定。板バネの形状相談

こだま製作所では、仕様をお聞きした上で、経験値を基に想定できる範囲の方向付けを行い、使用上の可否テスト(試作)を、ご提案させていただいております。
(但し、打ち合わせに時間を要することから、こちらは図面元のお客様のみとさせて頂いております。)
一般的には、試作3回程度で、ご要望に達しますが、内容により回数を重ねなければ、ならないモノもありますし、逆に1回の試作で収まる場合もあります。

試作を段階を省きたいというご要望はよくわかりますが、これも私どもの経験から板バネの場合は、「急がば回れ」が得策です。

板バネの試作・少量製作に特化した
金型レス・簡易金型で初期費用を大幅ダウン

そこで、こだま製作所では、試作費をより安価にご提供する為に、金型レス・簡易金型製法で板バネをご提供しています。
独自工法を開発して、製作費を本作金型の最大1/40程度の費用で、試作品を作ることにより、製作工程的にもコスト的にも少量製作が可能となっております。